楽しく生きていたいから

坊主頭の意外なメリット! 執着心を捨てれば元気になれる!?

2019/05/14
 
坊主 僧侶 頭
この記事を書いている人 - WRITER -

前回散髪して3ヶ月ほど経ち、だいぶ髪も伸びてきました。

9月にもなり、そろそろまた坊主頭にしようかと思っています。

 

慣れるといろいろと楽なので、個人的にはオススメしたいところです。

それにもしかしたら、髪の毛そのものの健康にもいいんじゃないかなという思いもあります。

 

 

今回は、坊主頭にするメリットについて話していきたいと思います。

 

 

坊主頭にするメリット

 

洗髪が楽

 

体感として最も恩恵を感じやすいのは、なんといってもこれでしょう。

 

髪を洗うというよりも、頭皮を洗うような感覚になります。

言ってみれば体を洗うのと同じようにできるので、とても楽です。

頭皮マッサージもしやすくなりますしね。

 

 

風呂上りにタオルで拭く時も、すぐに水分が取れるのでその点でもまた時短になります。

 

 

余裕ができる

 

寝癖やなんかがないかどうか、朝チェックすることも多いのではないかと思います。

そうでなくても見た目を気にして、髪のセットに時間をかけている人も多いことでしょう。

身だしなみ 整える あわてる

 

坊主頭にすれば、それらを気にする必要が無くなります。

手間を減らすことで、他に何かできる時間も増えるわけです。

 

 

 

また、坊主頭であることを受け入れられれば、他人の目も少しは気にならなくなるかもしれません。

 

若い頃は私も、自分でやるのは何かかっこ悪いという思いがありました。

それはやっぱり、どこか他人の目を気にしていたからだと思います。

 

でも、周りの人はそんなに自分のことをじっと見続けているわけではありません。

仮に坊主頭を毎回イジってくる人がいたとしたら、よほどの暇人でしょう。

 

それに、慣れてしまえばその見た目も自他共に「何かおかしい」なんて感じなくなります。

そう考えれば、見た目にこだわりすぎるのがバカらしくなってくるのではないでしょうか。

 

 

 

 

坊主頭にすれば、精神的にも時間的にも余裕ができていいと考えます。

 

 

臭くなりにくい

 

髪がある・長い状態だと、その分皮脂が溜まりやすい・残りやすい状態だと考えられます。

そんな状態で汗をかくと、菌が繁殖しやすくなりニオイの原因になります。

 

それに、髪そのものにもいろんなニオイは付きやすいんですよね。

タバコや焼肉の煙などでも臭くなってしまいます。

 

 

 

坊主頭であれば、髪がない分ニオイの元も少なくなります。

頭皮も洗いやすいので、それだけ清潔に保てるでしょう。

なるべく無臭に近い状態を維持できれば、快適に毎日を過ごせると考えられます。

 

 

 

私は現在38歳ですが、自分の加齢臭らしきものを感じたことも何度かありました。

なので尚更、頭が洗いやすい短髪であることを意識しています。

 

 

抜毛症予防になる

 

これは学生の頃からなのですが、ついつい髪の毛を弄ったり抜いたりする癖があります。

抜毛症(癖)と呼ばれるものらしいのですが、ストレスが原因のようです。

 

確かに、授業中なにか問題を解いていてうまくいかない時によく髪の毛を弄っていました。

今でもちょっとうまくいかずに詰まったりすると、無意識にやってしまうことがあります。

やはりストレスを感じているからなのでしょう。

 

ついつい髪の毛を抜いていくと、いつの間にかハゲっぽくなっていることもありました。

生え際がどんどん上のほうに移動して、おでこが広くなったような感じです。

薄毛 抜く

 

それでも無意識にやってしまうので、なかなかやめられないんですよね。

そして、「またやってしまった」というのが新たなストレスになってしまいます。

こうしてまた髪の毛を抜くという悪循環に陥ることが何度もありました。

 

 

 

でも、坊主頭にすると髪の毛を抜かずに済むようになりました。

物理的に指でつまめるほどの長さがないからです。

 

癖が治ったわけではないのですが、髪の毛が短い間は心配しなくて済みます。

髪の毛を抜くことで生まれるストレスも無くなるので、効果的だと感じています。

抜毛症を防ぐという意味では、比較的手軽ですぐにできる対処法だと思います。

 

 

ハゲ対策

 

抜毛症が出なかったとしても、ストレスで髪が抜けたりする恐れがあります。

ハゲは遺伝なんて聞いたこともありますが、加齢でも進んできたりします。

 

つまりは、生きていくならハゲになる可能性はあるわけです。

 

 

私は正直ハゲにはなりたくありません。

が、なってしまった時に取り繕うくらいなら、髪の毛が無いほうがいいと思っています。

 

丸坊主にすれば、ハゲていたとしてもそんなに目立ちませんよね。

前もってカモフラージュしてしまえば、ハゲになっても違和感は少ないと思いませんか?

 

 

 

カツラや育毛も、なかなか人には知られたくない悩みだと思います。

であるならば、いっそのこととっぱらってしまえばいいのではという考え方です。

 

悩みが無くなれば、その分イキイキと生きることができるのではないでしょうか。

ストレスが無くなることで、もしかしたらハゲも治るかもしれませんし。

 

 

執着心を捨て、ストレスが減れば元気になる

 

髪の毛に対する執着を捨てれば、付いて回るいろんな悩みも無くなります

 

ただでさえストレスが溜まりやすい現代。

早い段階で坊主頭に慣れてしまえば、少しは楽に生きられるかもしれません。

 

 

 

少なくとも私は、髪の毛をあまり気にしなくなった分気楽になりました。

 

理髪店に行くお金もかかりませんし、店員さんに話しかけられて面倒くさいと思うこともありません。

洗髪や頭髪チェックは毎日のことなので、手間が掛からないのはとても楽です。

 

 

こういったちょっとした楽の積み重ねが、そのまま日々の幸せになるのではないでしょうか。

積み重ね 大事

 

幸せを感じられれば精神的にも元気になって、動く意欲も湧いてきます。

そうすれば肉体的にも元気になり、もっと幸せを感じられるという好循環になると思います。

 

丸坊主にするって言ってみれば髪を切るという小さなことですけど、バカにできないかもしれませんよ?

 

 

まとめ

 

単純にいろんなことが楽になるので、私としては丸坊主をぜひオススメします。

 

他にも持ち続けているこだわりを捨てられれば、もっと楽になるのかなと思います。

少しずつでもいらないものは捨てられるようになれればいいですね。

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元気でいたい男のブログ , 2018 All Rights Reserved.